TALK SESSION.02開発×生産技術(本社)

HY(本社工場生産技術グループ)ST(本社営業グループ)
  • IT(本社開発グループ)
  • MT(本社工場生産技術グループ)

ノウハウの開拓・共有で、インパクトのある新製品を

自己紹介をお願いします。

ITIT
開発部のITです。3Dプリンター用の材料開発や、新型炉導入の検討に取り組んでいます。親会社である三菱マテリアル㈱との共同研究もあり、社内だけにはとどまらず幅広く活動をしています。
MTMT
生産技術部のMTです。私は既存製品の改良や、新しい設備の導入の他、製造上のトラブル対応などをやっていますが、最近は新規製品のプロジェクトにも関わっています。また、当社の粉末を実際にお客様が使用する際にどのような特性を示すのかを確認することも大切で、そういった合金評価なども私の仕事です。

プライベートでは?

ITIT
最近は3歳の娘がよくしゃべるようになり、会話ができるようになったのが嬉しいですね。趣味としてはカーレースの観戦が好きで。なかでもF1は最新の技術や装置がふんだんに取り入れられており、ひと昔前とは違った楽しみ方があります。
MTMT
私は小学生のころから続けているテニスを楽しんでます。平日は終業後に会社のテニス部で活動したり、スクールでレッスンを受けたりしていますが、いずれも会社の近くのテニスクラブを活用しています。休日はライブを観に行ったりしていますが、ジャンルは掘り下げない方がいいと思います(笑)
ITIT
うちの後輩のMさんとよくつるんでいるみたいで噂には聞いているけど、濃いなぁって(笑)

互いの第一印象は?

ITIT
初めは「真面目そう」と思ったのに、実は真面目じゃない部分もたくさんあって(笑)
MTMT
確かにそうかも(笑) ITさんは博士課程を出ていると聞いていたのもありますが、「頭の良い方」だと思いました。知識量がすごくて、10聞いたら15返ってくる。
ITIT
「1聞いたら10返ってくる」って言うんじゃなかったっけ?
MTMT
まあ、私もたくさん聞いているっていうことで(笑)

仕事の面白みは?

ITIT
開発はテーマが広範囲で、いろんな新しいこと、世の中にある可能性全てに対してアプローチできるところが面白いと思います。今までと同じことをしても新しいものはできませんし、マネをした製品ではだめ。自社にない技術もどんどん取り入れ、ノウハウを蓄積し、開発だけでなく生産にも役立つことを心がけて取り組んでいます。
MTMT
開発部に相談するとさまざまなヒントをもらえて助かってます。一方で、製品には価格を含めた競争力が必要なので、良い製法や装置があっても採算が合わないことも。生産技術部ではその最適なバランスを追求しており、それが仕事の面白みのひとつです。
ITIT
開発部にはさまざまなお客様からの問い合わせが集まってきます。社内に限らず、なかにはお客様も知らないことがあり、未知のことを調べていくとどんどん知識の幅が広がります。また知見を広げるため、外部のセミナーや展示会にもよく参加します。
MTMT
新しい装置の情報もいただいていますよね。現行の製造プロセスに関する、詳細で精度の高い情報は生産技術部の方が強いですが、新しいアプローチが必要なときには開発部との協同作業が必要です。
ITIT
開発部では全く異なる材料を入れてみたり、装置が壊れるまでといった極端な実験をやる。それが糧になるんです。実際の製造プロセスでそんなことをしたら大変なことになりますが(笑) 装置の傾向をつかんで、生産に活かしてもらう。
MTMT
生産技術においても、お客様のもとに伺って要望を伺う機会があるので大変刺激になります。入社前はこの業界に伸びしろがあるのか不安だったんですが、いざ入社してみると可能性を感じることが多いです。
ITIT
タングステンだけとってみてもポテンシャルがすごい。3Dプリンターやバッテリー、光触媒、半導体などにも使用されている。例えば高純度タングステンが求められたり。
MTMT
そうですね。例えば同じ金属でも微粒と粗粒で機能や用途が全く異なったり。
ITIT
先輩たちが築き上げてきたこれらの作り分けのノウハウはすごいものがありますね。自分たちなんて、まだほんのちょっとしかできてない。いや、よく作れている、作り続けているなって。

特に何に力を入れたいですか?

ITIT
現在は少量の製品が多いですけど、インパクトのある新製品を大量に作って販売したいですね。MTさんたちにも協力してもらわないと。
MTMT
ITさんたちは今後10年、20年先を見据えた開発をやられていますが、私も少し関わりができてきました。そういう仕事にもっと積極的に関わっていきたいですね。あとは、製造現場から頼りにされる、寄り添える技術者になりたい。
ITIT
開発は製造現場から嫌がられる(笑)
MTMT
それは装置の限界まで使おうとするから(笑) ただ開発部と生産技術部は相当密接に関わっていますし、両部門間で互いに異動することも多いですよね。
ITIT
人と装置ごと異動することも。新しい製品を早く量産できるようにするにはこのような技術移管が不可欠ですね。

就職活動中の人にメッセージを

MTMT
終業時間が早くて、有給休暇も取りやすい。オンとオフのメリハリもあって、そういうライフスタイルを望む方には特にお勧めしたいですね。上司も有休をしっかり活用しているので取りづらい雰囲気はない。
ITIT
金属、粉末に興味をもって入社してくれたら嬉しいです。粉末っていう形態によって生まれる機能や価値を知ってほしいですね。

ーどうもありがとうございました。

MTMT
そうだ。自己紹介のときに言い忘れたんですが、最近オリンピックのチケットが当たったんです。テニスと卓球、しかもテニスはいい試合なんですよ。
ITIT
その頃きっと忙しいよ。休めるの?(笑)
MTMT
いやいや、もう上司にはお願いしておきましたから(笑)