2013年10月

秋田工場のタングステンカーバイド粉末生産能力を増強しました

2013年10月、当社秋田工場内に建設していた第二タングステン棟を完成させ、タングステンカーバイド粉末の生産能力を増強致しました。

今回の生産能力増強は、顧客への製品安定供給体制の確立に加え、本社工場と秋田工場の並行生産によるリスク分散を目的としたものです。第二タングステン棟の完成により秋田工場の生産能力は倍増し、本社工場とあわせた当社全体の生産能力は約20%増強されます。

日本新金属 HOME ページの先頭へ戻る