2012年10月

難処理スクラップ処理技術確立

これまで処理困難であった難処理スクラップ(オイル入りスラッジ、大物スクラップ)について、研究開発により処理技術を確立し、ガス無害化設備を付帯したスラッジ炉、熱衝撃破砕設備や化学処理設備を導入することで処理が可能になりました。

日本新金属 HOME ページの先頭へ戻る