各種データ

結合相別性質表:ケイ化物性質表

  TiSi2 ZrSi2 TaSi2 NbSi2 CrSi2 WSi2 MoSi2
Silicon content[%] 53.98 38.11 23.69 37.68 51.93 23.40 36.93
Crystal structure Orthorhombic Orthorhombic Hexagonal Hexagonal Hexagonal Tetragonal Tetragonal
Lattice periods,kx. a 8.279 3.72 4.778 4.803 4.431 3.212 3.203
b or c b  4.819 C 8.568 b  14.76 C 3.67 6.558 6.604 6.364 7.835 7.855
c/a     1.372 1.375 1.436 2.439 2.452
Density[g/cm3]
calculated
4.043 4.86 9.1 5.659 4.978 9.857 6.24
experimental 4.02 4.88 8.83 5.45 4.91 9.25 ~6.23
Microhardness 50g
[kg/mm2]
892 1063 1407 1050 1131 1074 1200
Melting Point[℃] 1500 1520 2200 1930 1475 2160 2020
Heat of formation
ΔH°(298)[Kcal/mol]
-32.3±2 -38.0 -28.5±2.85 -33±11.4 -29.4 -22.2 -26.0
Entropy S°(298)
[Kcal/mol・℃]
            24.5±0.2
Specific electrical
resistance[μΩ・cm] at
20℃
16.9±0.5 75.8±3.1 46.1±1.3 50.4±2.3 914±74.5 12.5±0.2 21.6±0.9
Point of transition to
superconductivity  °K
<1.20 <1.02 <1.20 <1.20 <1.20 <1.20 <1.20

(参考) データブック 高融点化合物便覧(モスクワ冶金出版所1976年版)

金属ケイ化物粉末は、耐熱、耐酸化特性に優れたセラミックス材料です。

用途

MoSi2は大気中で使用できる高温ヒーター材として用いられており、 1700℃の 高温下においても、表面の保護膜生成により良好な耐酸化性を発揮します。 TiSi2、CrSi2などは比較的融点が低く、減圧プラズマ溶射等を利用した表面コーティングにより耐酸化性付与が可能です。 MoSi2、WSi2、TaSi2、 などの高純度品は半導体関係のPVD用ターゲット材としても重要な材料となっています。 また近年、FeSi2等は高温熱電材料として注目されています。

日本新金属 HOME ページの先頭へ戻る