各種データ

物性辞典

  W WC Mo
特性 溶融点が金属中最も高い。
密度が大きい。
引っ張り強さや硬さが高い。
弾性が強く、また高温でも強度が大である。
熱膨張係数が全金属中、最も小さい。
硬度が高い。
耐酸性が著しく優れている。
約2600℃の高い融点をもつ。
高温での機械的強度が高い。
電気伝導度及び熱伝導性が良好である。
靱性に優れ、線や板への加工が容易。
原子番号 74 42
原子量 183.85 195.87 95,94
同位元素 180,182,183,184,186 92,94,95,96,97,98,100
結晶構造 体心立方格子 六方晶 体心立方格子
格子定数 3.165Å(25℃) a=2.900Å c=2.831Å 3.1468Å(25℃)
融点 3387℃ 3387℃ 2623℃
沸点 5527℃ 5527℃ 4827℃
密度 19.3g/cm3 (25℃) 15.5~15.7g/cm3 (25℃) 10.2g/cm3 (25℃)
融解熱 35×103 j/mol 35×103 j/mol 35×103 j/mol
蒸発熱 799.4×103 j/mol 799.4×103 j/mol 799.4×103 j/mol
磁化率 0.28×10-6 C・G・S 0.28×10-6 C・G・S 0.04×10-6 C・G・S
仕事関数 4.5 eV 4.5 eV 4.2 eV
電気抵抗 5.5×10-6 Ω・m(20℃) 53×10-6 Ω・m(20℃) 5.2×10-8 Ω・m(20℃)
熱膨張係数 4.5×10-6 K-1 
(0~100℃)
a軸5.2×10-6 K-1
c軸7.3×10-6K-1
5.1×10-6 K-1
(0~100℃)
日本新金属 HOME ページの先頭へ戻る