各種データ

結合相別性質表:窒化物性質表

  TiN ZrN NbN TaN Cr2N VN
Nitrogen content[%] 22.63 13.31 13.10 7.19 11.87 21.56
Crystal structure Cubic Cubic Hexagonal Hexagonal Hexagonal Cubic
Lattice periods,kx. a 4.249 4.537 2.959 2.933 4.806 4.136
c     11.271 2.864 4.479  
c/a     3.804 0.98 0.928  
Density[g/cm3]
calculated
5.44 7.35 8.305 14.36 6.51 6.102
experimental 5.43 7.09 8.40 13.80   6.04
Microhardness 100g
[kg/mm2]
2050 1670 1461 1060 1571 1310
Melting Point[℃] 2950 2980 2300 3087 1650(分解) 2050
Heat of formation
ΔH°(298)[Kcal/mol]
-80.4 -87.3 -56.8±1.5 -59.0 -25.2 -60.0
Entropy S°(298)
[Kcal/mol・℃]
7.24±0.1 9.3±0.1 10.5±0.2 12.2±1.0 18.0±2.0 8.9±0.1
Specific electrical
resistance[μΩ・cm] at
20℃
40 18 54 198 84 60
Point of transition to
superconductivity  °K
5.6 9.8 <1.94 <4.2   8.2

(参考) データブック 高融点化合物便覧(モスクワ冶金出版所1976年版)

金属窒化物粉末は、耐食性、熱伝導性、電気伝導性が良好な製品群です。
これら粉末特性を活かし、導電材料用素材や硬質材料用素材として展開されております。

用途

TiNは、TiC基サーメット切削工具の特性改善に不可避の化合物であり、昨今のサーメットエ具の急速な伸びとともに需要が増大しています。またTiNは、粉末ハイス系合金の特性向上に役立っており、更に黄金色装飾合金としても使用されています。 TiN、ZrN、TaN等は、PVDコーティング用ターゲット材として、また酸化物系ならびに窒化物系セラミックスに導電性、熱伝導性を付加する添加材として用いられます。

日本新金属 HOME ページの先頭へ戻る