各種データ

結合相別性質表:炭化物性質表

  WC Mo2C TiC TaC NbC VC ZrC
Carbon content[%]
(theoretical value)
6.13 5.89 20.05 6.22 11.45 19.08 11.64
Crystal structure Hexagonal Hexagonal Face centerd
cubic
Face centerd
cubic
Face centerd
cubic
Cubic Cubic
Lattice periods,kx. a 2.906 2.997 4.3178 4.410 4.433 4.118 4.6828
c 2.837 4.727          
c/a 0.975 1.54          
Density[g/cm3]
calculated
15.77 9.06 4.92 14.47 7.82 5.48 6.66
experimental 15.5-15.7 9.18 4.93 14.32 7.56 5.36 6.73
Microhardness 100g
[kg/mm2]
1730 1479 2850-3200 (50g) 1547 2055 2480 2950(50g)
Melting Point[℃] 2600 2690±20 3250 3880±150 3500±125 2648 3530
Heat of formation
from the metal and
carbon ΔH°(298)
[Kcal/mol]
-8.4±3.0 -4.2 -43.85 -36.00 -33.6±0.8 -24.4±0.4 -47.7±5.0
Entropy S°(298)
[Kcal/mol・℃]
9.0±1.5 19.8±3.0 5.8±0.1 9.0±7.0 19.0±8.0 6.77±0.1 8.5±1.5
Specific electrical
resistance[μΩ・cm]
at 20℃
19 71 61 22 44 78(25℃) 49(25℃)
Point of transition to
superconductivity °K
2.5-4.2 2.9 11.15 7.6-9.5 10.1-10.5 < 1.2 < 1.2

(参考) データブック 高融点化合物便覧(モスクワ冶金出版所1976年版)

金属炭化物粉末は、代表的な硬質材料として広範囲な用途が確立されています。WCを主成分とする超硬合金は、70余年の歴史をもち、切削工具や耐摩耗工具に用いられ、特性向上により、ますます需要が拡大しています。当社のカーバイド粉はWC以外にも生産しており、合金特性の向上の為に使用されます。

用途

超硬合金には特性改良のための副成分として、TiC、TaC(一般にはWC-MC固溶体)、VC、Cr3C2などが添加されています。 TiCはサーメット切削工具の主成分であり、他にTiN(TiC-TiN固溶体)、NbC、VC、WC、Mo2C等も添加されます。 また、TiCはアルミナ系のセラミックス材の導電性添加剤として、 WC、NbCは溶射など表面硬装用にも用いられます。さらにZrCは赤外線放射特性に優れているため、保温材などに採用されています。

日本新金属 HOME ページの先頭へ戻る